CakePHP 3.5.0 がリリースされました

翻訳するの忘れていましたが、先日リリースされた CakePHP 3.5.0 Released の非公式日本語訳です。

CakePHP コアチームは CakePHP が 3.5.0 が利用可能になったことを発表いたします。これは 3.5.0 のリリース候補です。 3.5.0 は CakePHP にいくつかの大きな改善および小さな改善を施しています。また、 4.0.0 で削除されるであろう、いくつかの機能を非推奨としています。

私たちが以前に発表したロードマップの次の仕事は 3.6 で始まります。今は master ブランチは 3.5.x になっていますので、この仕事は 3.next ブランチで行われます。

このバージョンへのアップグレード

CakePHP 3.5.0 の にアップグレードするために composer を使うことができます。

php composer.phar require "cakephp/cakephp:3.5.0"

非推奨

私たちは分離した get/set メソッドの採用により、複合した get/set メソッドからの移行を続けていますので、 3.5.0 はいくつかのメソッドを非推奨にしています。移行ガイドに非推奨メソッドとその置き換えの完全な一覧があります。非推奨になった機能は 4.0.0 までは存在し、これまで通りに動作します。

3.5.0 の新しい点

移行ガイドに 3.5.0 での新しい点と何が非推奨になったかの完全な一覧があります。アップグレード時にはそのページを一読することをお勧めします。

  • スコープのあるミドルウェア – ミドルウェアは特定の URL スコープ中のルートに適用できるようになりました。これはミドルウェア中で URL を調べるコードを書かずに、アプリケーションの異なる部分に特定のミドルウェアのスタックを構築することを可能にします。
  • 新しいミドルウェア – CSRF トークンと暗号化されたクッキーを適用するために、新しいミドルウェアが追加されました。
  • コンソール環境の改善 – 新しいコンソールディスパッチャーが追加され、 Application クラスを CLI 環境に盛り込みました。
  • 便利なコンソールエラー – 存在しないオプションとサブコマンドは、ただエラーを表示する代わりに、有効なオプションを提案するようになりました。
  • キャッシュエンジンのフォールバック – キャッシュエンジンは、そのエンジンが設定されていない(または有効でない)場合にフォールバックすべきキャッシュの設定を定義する、フォールバックキーを設定可能なりました。
  • クッキーオブジェクト – 新しい Cookie と CookieCollection クラスが追加されました。これらのクラスはオブジェクト指向でクッキーを扱えるようにします。
  • アプリケーションスケルトンに dotenv のサポートを追加 – アプリケーションスケルトンに新しく、アプリケーションを構築するための環境変数を簡単に扱えるようにする ‘dotenv’ の機能が盛り込まれました。

私たちはいつでも、問題を報告したり、プルリクエストを出したり、あるいは文書の更新を行ってくださるすべての貢献者の皆様に感謝しております。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。