CakePHP 3.4.12 がリリースされました

CakePHP 3.4.12 Released の非公式日本語訳です。

CakePHP コアチームは CakePHP が 3.4.12 が利用可能になったことを発表いたします。これはコミュニティーで報告されたいくつかの問題を修正する 3.4 ブランチのメンテナンスリリースです。

不具合修正と新しい機能

3.4.12 では以下の変更が行われています。各コミットの変更履歴を参照してください。

  • Shell::out() と類似のメソッドはまた配列の入力を処理するようになりました。
  • Cake\Http\Client はタイムアウト発生時に 504 の HttpException エラーを起こすようになりました。
  • API の doc ブロック中の非推奨についてのコメントを改善しました。
  • Cake\Http\Client のレスポンスボディは PSR7 のインターフェイスでまた読めるようになりました。
  • SQLServer 2008 のページ分けを、結果が計算されたフィールドで並べられている場合にも動作するように改善しました。
  • DefaultPasswordHasher はパスワードがリハッシュを必要としているかどうかを考慮するように hashCost オプションを含むようになりました。
  • IntegrationTestCase は URL 文字列中にクエリー文字列引数のあるリクエストについて、フォーム改竄防止用のトークンを正しく生成するようになりました。
  • 空の翻訳メッセージは、コンテキストなしのメッセージについて、キーを返すようになりました。

3.4.12 への貢献者

このリリースの実現にご協力いただいたすべての貢献者の皆様にお礼申し上げます。

  • ADmad
  • Bernat Arlandis
  • David Yell
  • Jeremy Harris
  • Joris Vaesen
  • José Lorenzo Rodríguez
  • Marc Würth
  • Mark Scherer
  • Mark Story
  • Mike Fellows
  • Owen Gerrard
  • antograssiot
  • saeid

私たちはいつでも、問題を報告したり、プルリクエストを出したり、あるいは文書の更新を行ってくださるすべての貢献者の皆様に感謝しております。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。