CakePHP 3.4.0-RC4 がリリースされました

CakePHP 3.4.0-RC4 Released の非公式日本語訳です。

CakePHP コアチームは CakePHP が 3.4.0-RC4 が利用可能になったことを発表いたします。これは 3.4.0 のリリース候補です。 3.4.0 は CakePHP にいくつかの大きな改善および小さな改善を施しています。また、 4.0.0 で削除されるであろう、いくつかの機能を非推奨としています。

このバージョンへのアップグレード

CakePHP 3.4.0 の RC 版にアップグレードするために composer を使うことができます。

php composer.phar require “cakephp/cakephp:3.4.0-RC4”

3.4.0 の新しい点は?

移行ガイドに 3.4.0 での新しい点と何が非推奨になったかの完全な一覧があります。アップグレード時にはそのページを一読することをお勧めします。

不具合修正と小さな機能

  • Email::setPriority() が追加されました。このメソッドはメールのメッセージに X-Priority ヘッダを設定できるようにします。
  • EntityTrait に以下のメソッドが追加されました: getVirtual()、 setVirtual()、 getHidden()、 setHidden()、 setAccess()、 isAccessible()、 isDirty()、 setDirty()、 setErrors()、 setError()、 getErrors()、および getError()。これらのメソッドは、 EntityInterface の get/set が複合したメソッドを分離した get/set メソッドを提供します。
  • HasMany::link() はすべてのレコードを紐付けるために単一のトランザクションを使用するようになりました。
  • FormHelper::input() は nestedInput オプションを属性として送出しないようになりました。
  • API 文書の例を改善しました。
  • ValueBinder::placeholder() は無名のプレースホルダーが使用された時にドキュメントの通りに動作するようになりました。
  • TestCase::assertHtml() は終了タグの前の空白を受け入れるようになりました。
  • __() を例とする翻訳補助機能は明示的な null 引数を正しく文字列に変換するようになりました。
  • 結果セットのキャッシュが PHP 7.1.1 上で再び動作するようになりました。これは SplFixedArray のアンシリアライズのされ方の互換性のない変更によるものでした。
  • CakePHP 内部で、可能な場所では config() を使用しないようになりました。
  • Validation::notEmpty() は float の 0 で動作するようになりました。
  • Collection::transpose() は異なる列数および行数で期待通りに動作するようになりました。
  • セッションの破棄は、キャッシュエンジンと Memcached を使用している時に適切に動作するようになりました。

もし大きな問題が報告されなければ、 3.4.0 の安定版を翌週にリリースします。

3.4.0-RC4 への貢献者

このリリースの実現にご協力いただいたすべての貢献者の皆様にお礼申し上げます。

  • ADmad
  • Ceeram
  • Cory Thompson
  • Edgaras Janušauskas
  • Florian Krämer
  • Gareth Ellis
  • Joep Roebroek
  • Johan Meiring
  • José Lorenzo Rodríguez
  • Marc Würth
  • Mark Scherer
  • Mark Story
  • Mathew Foscarini
  • Rodrigo moyle
  • Ross Chater
  • Walther Lalk
  • antograssiot
  • chinpei215
  • lilHermit

このリリースの実現にご協力いただいたすべての貢献者の皆様にお礼申し上げます。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。