CakePHP 3.4.0-RC1 がリリースされました

CakePHP 3.4.0-RC1 Released の非公式日本語訳です。

CakePHP コアチームは CakePHP が 3.4.0-RC1 が利用可能になったことを発表いたします。これは 3.4.0 のリリース候補です。 3.4.0 は CakePHP にいくつかの大きな改善および小さな改善を施しています。また、 4.0.0 で削除されるであろう、いくつかの機能を非推奨としています。

このバージョンへのアップグレード

CakePHP 3.4.0 の RC 版にアップグレードするために composer を使うことができます。

php composer.phar require "cakephp/cakephp:3.4.0-RC1"

3.4.0 の新しい点は?

移行ガイドに 3.4.0 での新しい点と何が非推奨になったかの完全な一覧があります。アップグレード時にはそのページを一読することをお勧めします。

不具合修正と小さな機能

このリリースは 3.3.12 のリリースノートに記載した master からの最近の不具合修正の他、3.4.0-beta4 で確認されたいくつかの問題を修正しています。これらの変更に加えて、 3.4.0-RC1 は以下を含んでいます。

  • InstanceConfigTrait::config() が非推奨になりました。代わりに setConfig() および getConfig() メソッドを使用すべきです。
  • どのホストにマッチさせるか制限するために、ルーティングで _host オプションを使えるようになりました。
  • Router::parse() 、 RouteCollection::parse() および Route::parse() が非推奨になりました。代わりに parseRequest() メソッドを使用してください。これはリクエスト全体にアクセスできるので、より柔軟なルーティングを作成できます。
  • サブコマンドは明示的に指定しない限り親のシェルから説明を継承するようになりました。
  • HtmlHelper は既定ではもはや <![CDATA ブロックを送出しません。もし XHTML 文書タイプを使用する場合、 safe オプションを使用して <![CDATA を再び有効にする必要があるかもしれません。
  • Collection::every() は空のコレクションに対して真を返すようになりました。これは 3.2 での誤りを是正します。
  • TranslateBehavior::translateField() が追加されました。

もし大きな問題が報告されなければ、 3.4.0 の安定板を翌週にリリースします。

3.4.0-RC1 への貢献者

このリリースの実現にご協力いただいたすべての貢献者の皆様にお礼申し上げます。

  • ADmad
  • José Lorenzo Rodríguez
  • Mark Scherer
  • Mark Story
  • Michael Underwood
  • Robert Pustułka
  • antograssiot

このリリースの実現にご協力いただいたすべての貢献者の皆様にお礼申し上げます。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。